株式会社ジェイビットホーム > 対応言語

対応言語

翻訳会社ジェイビットは、英語を始めとして、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ポーランド語、ロシア語、チェコ語、中国語、韓国語など合計20ヶ国語以上の翻訳およびDTPサービスをご提供いたしております。

ポーランド語 国旗

ポーランド共和国は、東ヨーロッパ北部に位置する国である。北はバルト海、西はオドラ川とニサ川、南はスデティ山脈からカルパティア山脈に連なる山並みに囲まれています。ポーランド語は、インドヨーロッパ語族、スラブ語派、西スラブ語群に属する言語です。ポーランド語の話者数は、ポーランド国内でおよそ3800万人、在外ポーランド人が1000万人程度といわれています。ポーランド共和国の公用語で、使用する文字はラテン文字。ポーランド語は言語類型論的には屈折言語に分類されます。 屈折とは性,数,格,人称,時制などの文法的機能に対応する語形変化を言います。動詞不定形は,ほとんどの場合 –ąで終わり、辞書の見出し語となります。

英語からポーランド語/ポーランド語から英語への翻訳料金

(原稿の内容により若干変動いたします。目安として御考えください)

当社の標準的な翻訳料金です。翻訳分野、内容などにより若干変動いたします。原稿をメールまたはファックスにてご送付いただければすぐにお見積もりを提出いたします。見積もりは無料です。
(大きなウェブサイトについては除外させていただきます。大きなウェブサイトのお見積もりは有料となります。)

  英語からポーランド語:
翻訳後のポーランド語
1000文字
ポーランド語から英語:
翻訳後の英語1000文字
仕様書、説明書 5000円から --
契約書、カタログ、ビジネス文書 5000円から --
医学、薬学 5000円から --

英語から他の外国語への翻訳は、基本的にすべて対象言語のネイティブ翻訳者が担当いたします。

他の言語の翻訳も承りますのでお気軽にお問合せ下さい。分量が少ない場合には最低料金を頂戴する場合もございますのでご了承ください。高品質の翻訳をご提供するため、専門翻訳者が翻訳後、社内チェッカーが専門用語、文章表現、お客様からの御指定の用語や表現の使用、数値などを入念にチェックして信頼できる翻訳を御提供いたします。

ポーランド

ポーランド共和国は、中央ヨーロッパに位置する共和制国家です。北にはバルト海が広がり、北東ではロシアの飛地であるカリーニングラード州とリトアニア、東ではベラルーシとウクライナ、南ではチェコとスロバキア、西ではドイツと接しています。首都はワルシャワ。 国土面積は、32.3万平方キロメートルで日本の約5分の4です。人口はおよそ3,889万人(2012年)で、民族はポーランド人が人口のおよそ97%を占めています。宗教は、人口のおよそ88%がカトリック信者です。 10世紀に建国され、15~17世紀には東欧の大国となりました。18世紀に3度にわたり,ロシア,プロシア,オーストリアの隣接三国に分割され消滅しました。第二次大戦ではソ連とドイツに分割占領され、大戦後は,ソ連圏にくみ込まれました。1989年に民主化を果たし共和国となり、1999年にNATO加盟,2004年5月にはEUに加盟しました。 地動説を唱えたコペルニクス、ノーベル賞のキューリー夫人、作曲家のショパン、ポーランド東北部のスヴァウキ出身の映画監督のアンジェイ・ワイダなどがいます。

ポーランド語小史

9世紀頃から西スラヴ人の一派であるポラーニェ族が、周辺部族を統合して統一国家を形成したのがポーランドの起源です。966年、ビァスト家のミェシコ一世がキリスト教に改宗、1000年、ローマ・カトリックを受け入れて、国家としてのポーランドが誕生しました。 ポーランド語の歴史は、古ポーランド語(10-15世紀)、中期ポーランド語(16-17世紀)、近代ポーランド語(18世紀まで)の3つの時期に分けられます。 まず、14世紀に文学に現れ、15世紀に正書法が登場します。次に、辞書や文法書がつくられ、1697年に国の公用語となりましたが、ポーランド分割(1772-1795年)によって、ロシア、オーストリア、プロシアに吸収されて抑圧的な言語政策の下、ロシア化、ゲルマン化が推進されました。1918年、ポーランド共和国が生まれ、ポーランド語があらためて公用語となりました。

本ページの作成に当たり、以下のウェブ及び文献などを参考にさせていただきました:
外務省各国・地域情勢 (url: http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/)
東外大言語モジュール (url: http://www.coelang.tufs.ac.jp/modules/index.html)
「言語世界地図」(町田健 著)新潮社

(翻訳会社ジェイビット用語編集委員会編)

見積りのご依頼はこちらです お見積りページへ

ご相談窓口:
: お問い合わせメール
: 06-6885-8185