株式会社ジェイビットホーム > 対応言語

対応言語

翻訳会社ジェイビットは、英語を始めとして、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ポーランド語、ロシア語、チェコ語、ブルガリア語、中国語、韓国語など合計20ヶ国語以上の翻訳およびDTPサービスをご提供いたしております。

ブルガリア語 国旗

ブルガリア語は、インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派南スラヴ語群に属する言語で、ブルガリアの公用語です。ブルガリアのほか、ルーマニア、セルビア、トルコ、ギリシャ、ハンガリー、モルドバ、ウクライナ、ロシア、アメリカなどで話されており、母語話者人口はおよそ900万人といわれています。

英語からブルガリア語/ブルガリア語から英語への翻訳料金
(原稿の内容により若干変動いたします。目安として御考えください)

当社の標準的な翻訳料金です。翻訳分野、内容などにより若干変動いたします。原稿をメールまたはファックスにてご送付いただければすぐにお見積もりを提出いたします。見積もりは無料です。
(大きなウェブサイトについては除外させていただきます。大きなウェブサイトのお見積もりは有料となります。)

英語からブルガリア語:
翻訳後のブルガリア語
1000文字
ブルガリア語から英語:
翻訳後の英語1000文字
仕様書、説明書 5000円から --
契約書、カタログ、ビジネス文書 5000円から --
医学、薬学 5000円から --

英語から他の外国語への翻訳は、基本的にすべて対象言語のネイティブ翻訳者が担当いたします。

他の言語の翻訳も承りますのでお気軽にお問合せ下さい。分量が少ない場合には最低料金を頂戴する場合もございますのでご了承ください。高品質の翻訳をご提供するため、 専門翻訳者が翻訳後、社内チェッカーが専門用語、文章表現、お客様からの御指定の用語や表現の使用、数値などを入念にチェックして信頼できる翻訳を御提供いたします。

ブルガリア
ブルガリア共和国、東ヨーロッパの共和制国家で、バルカン半島に位置し、北はルーマニア、西はセルビア、マケドニア共和国、南にギリシャ、トルコと隣接、東は黒海に面しています。首都はソフィアです。 国土面積は11.09万平方キロメートルで、日本の約3分の1です。人口は2011年において732万人程度。民族的にはブルガリア人がおよそ80%、トルコ系が9.7%、ロマ人が3.4%となっています。大多数はブルガリア正教。 他に回教徒、少数のカトリック教徒、新教徒等がいます。歴史としては、5世紀以降、スラヴ人が侵入、次いで遊牧民族ブルガール人が侵攻して征服。スラヴ人を支配下に置いてブルガリアを建国。 ブルガール人は10世紀までにスラヴ人と同化して現在のブルガリア人のもととなりました。第一次ブルガリア帝国は11世紀に滅び、東ローマ帝国領となった後、12世紀末に再び独立。この帝国は1242年のモンゴル人の侵攻により衰退した後、 オスマン帝国に滅ぼされ以後500年間オスマン帝国の支配下に置かれます。20世紀初頭ブルガリアは独立を宣言。その後、国際的に独立を承認され、ブルガリア王国が成立しました。1944年にはソ連の侵攻を受け、王政が廃止され共和制が成立、 ソ連の衛星国家ブルガリア人民共和国となりました。1989年に共産党独裁政権が終焉、2004年にNATO加盟、2007年に欧州連合 (EU) に加盟しました。主要産業は、農業(穀物・酪農)、工業(化学・石油化学、食品加工)などで、 GDPは535億ドル(2011年、IMF)、一人当たりのGDPは7.307ドル(2011年、IMF)です。1991年から経済改革を開始しましたが、1996年の経済危機によるマイナス成長、500%を超えるハイパー・インフレにより大きな困難に直面。その後、 ブルガリア経済はIMF主導の構造改革の下、一定の安定を達成し、2008年のGDPは341億ユーロにまで回復しました。

ブルガリア語小史
12世紀から15世紀に、中期ブルガリア語と呼ばれる文語による文献が数多く編まれました。オスマン帝国の統治下ではギリシア語に押されて一時衰退しましたが、18世紀後半にブルガリア語復興の機運が生まれ、 新ブルガリア語が形成されました。キリル文字で書かれます。ブルガリア語は、ロシア語、ポーランド語、セルビア語などの他のスラブ諸語とは文法的に少し異なっています。定冠詞的な限定を表す接尾辞、名詞・形容詞などに格変化がない、 特殊な助詞shcheを直説法現在形につけて未来時制を表す、さらに動詞直説法の時制形態が多いことなどを文法的な特徴としてあげることができます。

簡単なブルガリア語挨拶: Здравейте ズドラヴェイテ 「こんにちは」(いつでも) Добро утро ドブロ ウトロ 「おはよう」 Добрър ден ドバル デン 「こんにちは」(昼間だけ) Добрър ветер ドバル ヴェチェル 「こんばんは」 Благодаря ブラゴダリャ- 「ありがとう」 До виждане ド ヴィージュダネ 「さようなら」

本ページの作成に当たり、以下のウェブ及び文献などを参考にさせていただきました:
外務省各国・地域情勢 (url: http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/)
東外大言語モジュール (url: http://www.coelang.tufs.ac.jp/modules/index.html)
「言語世界地図」(町田健 著)新潮社

(翻訳会社ジェイビット用語編集委員会編)

見積りのご依頼はこちらです お見積りページへ

ご相談窓口:
: お問い合わせメール
: 06-6885-8185